甘酒を加熱しても効果あり!栄養素を100%吸収するコツ!

甘酒は加熱すると栄養素が落ちてしまうそうです。ですが、それはあるコツを使えば回避できて100%甘酒の栄養を摂取することができるんです!私は甘酒に健康面だけでなく、美容・ダイエットの面でも非常に期待しています。

なので、せっかくなら100%まんべんなく甘酒の栄養を取りたいと思い、今回は記事にまとめてみました。これから甘酒ライフを初めてみようと思う方はぜひ参考にしてみてくださいね。


Sponsored Link

加熱すると甘酒効果はどうなる?

 

甘酒には2種類の製法があります。まずそれぞれの違いから見ていきましょう。

種類 製造方法
米麹から作る甘酒 おかゆと米麹を混ぜてから保温して作るアルコールを含まない甘酒
酒粕から作る甘酒 酒粕をお湯にとき、加熱しながら作るアルコールを含んだ甘酒

どちらも熱を加えて作る事がお分かりになると思います。

そして、熱を加えることにより効果は「落ちます」

甘酒には、便秘解消・美肌効果・ダイエット効果・疲労回復などの万能な効果があります。

その効果は、甘酒に含まれるビタミンの活躍ですが、そのビタミンを含んでいるのが、甘酒の「酵素」です。そしてその「酵素」は熱に弱く、加熱すると栄養が死んでしまうのです。

 

でも大丈夫!甘酒効果をバッチリ活かせる加熱方法を次にご紹介します!

 

甘酒効果が落ちない加熱のコツとは?

 

甘酒に含まれている「酵素」は熱に弱いと言いましたが、そもそも「酵素」って何?

酵素とは、体内のあらゆる化学反応に対して触媒として機能してくれるタンパク質のことです。

参考元:https://allabout.co.jp/gm/gc/416853/

 

それでは甘酒の「酵素」の働きをとめない加熱のコツを見ていきましょう。

【米麹から作る甘酒】

ポイントは、60度を越えない事

  1. 米をといで炊飯器でお粥を炊く
  2. おかゆを触れる程度まで冷ます
  3. おかゆに米麹を混ぜる ※温度が60℃ 程度になるように
  4. 布巾をかけて、炊飯器のフタをあけたまま保温する ※温度が60℃ を超えないように
  5. 8時間前後で完成

参考元:http://cocoaru.net/920

 

【酒粕から作る甘酒】

ポイントは2つ!

  • お湯はぬるま湯(42度前後)
  • 温度のムラをなくす為、混ぜながら温める

この2点を抑えて↓の方法で酒麹から甘酒を作ると美味しくできます。

  1. 酒粕(100g)とお湯(400㏄)をミキサー(ミルサー)で混ぜる
  2. 混ざったら鍋に移し、大さじ1~2の砂糖(ハチミツでも可)を加える
  3. 弱火で1分くらい温めて完成!

参考元:http://cocoaru.net/6801

 

「酒麹」「米麹」も、どちらもポイントは温度です。甘酒効果を落とさないコツは温度60℃を超えないように気をつければ良いという事が分かりましたね!

 

こうして見ると、酒粕から作る甘酒の方がお手軽で取り入れやすいと感じる方が多いと思いますが、次からは生甘酒についてご紹介します!

 

生甘酒から得られる素晴らしい6つの効果!

 

甘酒には2種類の製法があり、これまで2種類の甘酒の特徴や製法をお伝えしてきましたが、甘酒の様々な効果を得られるのは60度を超えない温度で作られた【生甘酒】になります。

そしてその【生甘酒】は、ずばり

「米麹から作る甘酒」

の事なんです。

 

適切な加熱方法により、甘酒効果を生かしたまま作られた「生甘酒」=「米麹甘酒」。ここからはその「生甘酒」の素晴らしい効果や効率的な飲み方についてまとめてみました。

それでは米麹甘酒の6つの効果を見ていきましょう。

米麹甘酒の効果 期待できる作用
美白美肌効果 コウジ酸がシミや美白に効果的。甘酒パックでツルツル美肌が期待できます!
保湿効果 ビタミンB群が豊富に含まれ保湿効果が高く、もっちり美肌としっとりツヤツヤ美髪!
ダイエット効果 ブドウ糖が血糖値をすばやく上昇させ満腹感を得ることができます
アンチエイジング効果 100種類以上の酵素のおかげで代謝アップ!若返り効果につながります
便秘解消効果 水溶性&不水溶性食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれており、腸内フローラが活性化!
免疫力アップ効果 善玉菌を増やしてくれる麹パワー。腸内環境が整い免疫力がアップ!

参考元:http://cocoaru.net/3004

 

麹菌が、甘酒の原料であるお米を醸(かも)すことで発酵します。その結果、100種類以上の「酵素」をうみだしてくれ、さまざまな美容効果が期待できるのです。

そして「酵素」は熱に弱いので、60℃以下で作られた「生甘酒」がおススメなんですね!

 

そんな素晴らしいドリンク「生甘酒」をさらにパワーアップさせる飲み方を次にご紹介します!

 

生甘酒の効果を高める飲み方!

 

これまで「生甘酒」の6つの効果を紹介してきましたが、さらに効果を高める飲み方をご提案!女性に嬉しい美肌やアンチエイジング効果をグンとアップさせていきましょう!

 

飲むタイミングですが、ビタミン、アミノ酸、ブドウ糖など豊富な栄養素を含む「生甘酒」は、

【朝飲むこと】をおススメします。

お腹が空っぽの状態で、吸収効果も良く基礎代謝も上がって1日調子良く過ごすことができるでしょう。

 

美容効果を高める!

美肌効果には【生甘酒】+【豆乳】がおすすめです!

作り方は簡単!

  • 生甘酒100ml
  • 豆乳100ml

同量を混ぜるだけ。飲むタイミングは朝が良いですね。

豆乳には美肌効果だけでなく、

  • リノール酸:動脈硬化を予防
  • 大豆サポニン:成人病予防・老化予防に効果あり

などの効能もあり、健康のためのドリンクとしても最適ですね!

参考元:http://cocoaru.net/6172

 

ダイエットに効果的な飲み方

ダイエット効果を期待するなら「生甘酒」+「ヨーグルト」がおすすめ!

  • 生甘酒100ml
  • ヨーグルト100ml

同量を混ぜます。飲むタイミングは朝が良い。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を整えます!腸の調子を整えてくれることによって、基礎代謝が上がり、痩せ体質につながるという良いことづくしの連鎖を生み出すスーパードリンクですね!

参考元:https://sirabee.com/2015/06/03/33753/

 

アンチエイジング効果を高める

作り方は、

  • 生甘酒150ml
  • 純ココアパウダー大さじ1/2~1

温めた生甘酒にココアパウダーを加えてよく混ぜます。飲むタイミングは小腹がすいた時などが良い。

 

ココアに含まれるポリフェノールには、強力な抗酸化作用があります。これが、老化を促進させる活性酸素を除去する効果を持ちます。

見た目にも、カフェオレのような感じで甘酒に苦手意識を持っておられる方がスタートするのに最適ですね!

参考元:http://bimajyomodel.com/diet/d-amazake/

 

便秘を解消する飲み方

用意して頂く材料はこちら↓

  • 生甘酒50ml
  • 豆乳100ml
  • バナナ50g
  • 氷1カップ

バナナには、食物繊維が豊富にあり、便通を整えて大腸ガンなどを予防します。

またフラクトオリゴ糖がビフィズス菌を増加させる効果があります。

甘酒と一緒に混ぜることで、便秘解消効果もさらにアップします!

さらにスムージーにすることで、甘酒の独特の香りも弱まり、飲みやすくなりますね!

参考元:https://allabout.co.jp/gm/gc/465069/

 

まとめ

 

甘酒を加熱しても効果あり!栄養素を100%吸収するコツ!をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

甘酒の素晴らしい6つの効果!

  1. 美白美肌効果
  2. 保湿効果
  3. ダイエット効果
  4. アンチエイジング効果
  5. 便秘解消効果
  6. 免疫力アップ効果

 

甘酒に含まれる「酵素」が素晴らしい効果を発揮してくれる。そしてその「酵素」は熱に弱く、加熱すると死滅してしまうという事が分かりましたね。

特に女性には嬉しい効果がたくさんありましたね!甘酒といえばお正月に配られるとか、冬に自動販売機で見かけるといった具合で、あまり普段の日常生活に密接した飲み物ではありませんでしたが、これだけの効果が期待できるとあれば一日でも早く取り入れたいですね!

私もあの独特の香りと見た目の混濁感に拒否反応を示していた一人でした。ですが、甘酒について調べた結果、美肌やアンチエイジング、ダイエットにも効果的で、しかも飲みやすい甘酒アレンジもあっていまでは継続して楽しんでいます。

最後まで読んで下さったみなさまにも同じように挑戦していただけると嬉しいです。

Sponsored Link