甘酒を寝る前に飲む効果がすごい! 健康寿命が延びる理由!

Sponsored Link




甘酒を飲むタイミングをいつがいいのか?どうせなら効果が高い時間に飲んでより健康になりたい管理人です。

甘酒は単なる流行ではなくスタンダードな健康飲料に定着しています。その甘酒、実は寝る前に飲むのがおすすめなんです!

今回は私も実践する甘酒の夜飲むだけで得られる多彩な効果や人気の秘密を調べてみてのでぜひ参考にされてみてください。


Sponsored Link

甘酒を寝る前に飲むと得られる素晴らしい効果とは?

甘酒が持つ沢山の効果の中でも注目度が高い寝る前に飲む甘酒。飲んだ経験がある方なら「そういえば…」なんて無意識のうちに納得できる効果です。

GABAでリラックス効果

酒粕・米麹どちらの甘酒にも共通している効果です。甘酒に含まれているアミノ酸の1つGABA(ギャバ)はこんな働きをしてくれます。

参考元http://karada-positive.com/2016/11/03/nerumae-amazake/

副交感神経に働きかけ優位にする

活動の交感神経を鎮める

身体が休息の状態になる

頑張りや緊張が続くと、交感神経が活発になる時間が続き、休息の時間になってもスムーズに副交感神経が優位にならないことがあります。寝る前の甘酒は成分のGABAで興奮を抑えてリラックスすることが可能。癒されて眠りに付くコトができます。

 

副交感神経の優位の効果は寝つきだけではありません。

身体がリラックスする

適度な血管の拡張で血流が良くなる

体内の細胞に酸素と栄養が行きわたる

肌にも十分な栄養素が届けられる

肌への栄養は肌細胞を作る・修復するに使われます。コレから得られる効果は

  • 美肌効果
  • アンチエイジング効果

「質の良い睡眠」という言葉は少し聞き飽きているかもしれませんが、副交感神経が優位になってしっかりと眠ることはやはり重要です。

甘酒はビタミンB群も含んでいます。シミの原因のメラニンを抑えてくれます。美肌効果のランクが上がるのは間違いありません。

 

酒粕で作った甘酒にある効果

酒粕を原料とした甘酒には「清酒酵母」が含まれています。清酒酵母が持つ効果にはこんなコトがあります。

グッスリと眠ることで疲れがとれる。

眠りの中でも「深い眠り」に導いてくれる部分を活発にしてくれます。

【清酒酵母を摂らない時と比較して、成長ホルモンの分泌も3割ほどUP】

グッスリ眠ることで疲労回復を促し、目覚めた時に「ウ~ンよく寝たぁ」の一言が出る眠りに効果があります。科学的にも証明されて、サプリにも使われています。

参考元http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2014/962

慌ただしい毎日で「一晩寝ただけでは疲れがとれない」がお悩みならば、寝る前には酒粕を使った甘酒を飲んでみて下さい。

効果を高める甘酒の飲み方!

Sponsored Link


多彩な効果を持つ甘酒。それぞれの効果を得るためにはやはり方法も必要。それぞれの飲み方チエックして下さい。

・安眠効果を高める飲み方

安眠はグッスリと眠ること。身体だけではなくメンタルも安らかになることで得られる眠りですね。

◆安眠のための飲み方は?

  • GABA+清酒酵母の酒粕甘酒
  • 寝る1~2時間前
  • 常温以上の温度60度以下
  • 100~200ml
  • 飲んだら必ず歯磨き

リラックスに効果あるGABAと深い眠りを促す清酒酵母を含んだ酒粕の甘酒で安眠につながります。

また冷たい飲み物で身体を冷やすより、常温以上の温度でゆっくりと摂取する事をおすすめします。なぜなら温め過ぎは成分を壊してしまうコトもあるからです。

さらに有効成分の分解吸収には1時間ほどかかるので時間にも注意して、寝る1~2時間前に飲むようにしてみてください。

ダイエットをしている方は、酒粕の甘酒のカロリーは100mlで約80kcal。お砂糖を使っているので飲み過ぎには注意が必要ですよ。

糖分が含まれているので飲んだ後は歯磨きも忘れずに。気持ちよく眠れたのに虫歯になるのは避けたいですね。

 

・美容効果を高める飲み方

美しく整えることを美容と言いますね。ナニを整えたいか? まずは肌と髪ですね。自分も人からも見られているこの2つにも甘酒は効果が期待できます。

参考元http://kirameku.jp/amazalekounou-asayoruryou/

 

・美肌のためには?

甘酒の成分「ビタミンB群」で肌の再生を促すことができる。

ビタミンB群だけならば酒粕の甘酒の方が含有量は多めです。でも米麹の甘酒にはコウジ酸が多く含まれています。シミの原因のメラニンを抑える働きを持つので、化粧品の原料にも使われています。

 

・美髪のためには?

米麹の甘酒の成分「ビオチン」に注目です

髪の毛・皮膚・爪の正常な生育をスムーズにする栄養素の1つ。髪の健康維持には欠かせない成分が米麹の甘酒に含まれています。

美肌と美髪のための飲み方

・米麹の甘酒

・常温以上60度以下

・100~200ml

・吸収の良い朝

 

米麹の甘酒マルコメの糀甘酒125mlなら91kcal。カロリー過剰にならないように気をつけて下さいね。牛乳は100ml/67kcalなので甘酒のカロリーは高めです。置換えすることも忘れないで下さいね。

 

・ダイエット効果を高める飲み方

酒粕・米麹それぞれにダイエット効果があります。それぞれ見逃し禁止のダイエット効果。欲張って両方チャレンジする時は摂取量には注意が必要です。カロリーや糖分を考慮して1日200mlを目安として下さい。

◆酒粕の甘酒

・200ml

・60度以下に温める

・代謝の良い朝

酒粕に含まれているレジスタントプロテインがダイエットに効果があります。脂質を排出する働きを持っているので、食べ過ぎた脂を身体に溜め込まず燃焼が可能。

砂糖を加えて作っているので、飲むのは代謝が活発な朝がおススメ。

参考元https://www.ozeki.co.jp/food_bio/jyozo2.html

 

◆米麹の甘酒

200ml

60度以下に温める

朝食代わりに

生姜をプラスする

 

甘酒のブドウ糖は満腹感を得やすいですし、脂肪燃焼に働くビタミンB群を含んでいます!

米麹の甘酒ならば朝ごはんとして飲むのがおススメ。

砂糖を使う酒粕の甘酒より、ブドウ糖を含む米麹は朝のスタートにピッタリ。冷たい飲み物は身体も冷えます。生姜をプラスして身体を温めれば代謝も上がります。甘酒特有の香りを生姜で和らげれば飲みやすくなりますね。

 

・疲労回復効果を高める飲み方

  • 酒粕・米麹どちらでも
  • 1日200mlを目安に
  • 適量を1日数回に分けて飲んでも効果あり

甘酒の優れた成分に「アミノ酸」があります。たんぱく質を作るためにはならず必要な成分。疲れた筋肉を修復して疲れを取ることに効果があります。

アミノ酸の中でも特に疲労回復に効く「アルギニン・グルタミン」を含んでいます。

酒粕・米麹どちらの甘酒にも含まれているので好きな方をチョイスして下さい。

 

・便秘改善効果を高める飲み方

  • 米麹甘酒+ココア(甘酒150ml:ココア大さじ1)
  • 朝起きた時
  • 1週間は継続

酒粕甘酒と比べると水溶性食物繊維を多く含む米麹甘酒を選びました。オリゴ糖を含む甘酒は腸内環境を整えます。

オリゴ糖:3〜4日飲むことで効き目が表れてきます。

水溶性食物繊維を多く含む米麹の甘酒を消化し、大腸に届く48~72時間後に効果が出てきやすいです。

飲んですぐに効果が出る訳ではないので1週間継続して飲んで下さい。

起床時の腸の蠕動運動によい刺激を与えましょう。善玉菌を増やすココアをプラスしましょう。ココアをお湯で溶かしレンジで温めた甘酒と混ぜます。身体を温めてリラックスできれば腸の働きもよくなります。

まとめ

甘酒を寝る前に飲む効果は?

【酒粕・甘酒共通】

  • リラックスに効果あるGABAを含んでいる
  • 副交感神経に働きかけることで神経を落ち着かせる
  • 心も身体も休息する眠りが可能
  • しっかり眠ることで程よく血管が広がり血流が良くなる
  • 細胞に栄養や酸素がスムーズに運ばれる
  • 細胞や肌の再生が促され美肌・アンチエイジングにつながる

 

【酒粕】

  • 清酒酵母で深い眠りを実感することが可能。
  • グッスリ眠ることで疲れがとれる眠りが実現。

 

【安眠効果を高める飲み方】

GABA+清酒酵母の酒数甘酒

  • 寝る1〜2時間前に
  • 常温以上60度以下
  • 200mlを目安に

 

【美容効果を高める飲み方】

  • 美肌・美髪のためには米麹甘酒。
  • コウジ酸とビオチンが効く。
  • 吸収の良い朝に200mlを目安に飲む。

 

【ダイエット効果を高める飲み方】

  • 酒粕甘酒
  • レジスタントプロテインで脂質の代謝を促す

 

【米麹甘酒】

  • 生姜を足して代謝をUP
  • 腹持ちが良いので朝ごはん代わりに

 

【疲労回復効果を高める飲み方】

  • アミノ酸は酒粕・米麹どちらにも含まれている
  • 筋肉の修復にアミノ酸は欠かせない栄養素
  • 1日200mlを分けて飲んでも大丈夫

 

【便秘改善効果を高める飲み方】

  • 米麹甘酒にココアをプラス
  • 食物繊維とオリゴ糖で腸内環境を整備
  • 速効性はないので1週間は継続

 

メリット豊富な甘酒。酒粕・米麹それぞれが効果を持っています。酒粕はアルコール分の心配があるので、アルコールに弱い方は米麹を迷わず選択して下さいね。分量の目安も1日200mlを守って下さいね。甘酒を飲んで体重が右肩上がりという時は量の調節と置換えの検討をして下さい。

寒い時期にフウフウと飲むイメージがある甘酒ですが、俳句の世界では夏の季語。江戸時代は夏バテ解消の飲み物でした。厳しい季節を乗り切るための飲み物は、現代人のお悩みに対応してくれる飲み物として受け継がれています。日常に取りいれるだけで悩み解消が期待できる甘酒。私も活用したいと思います。

Sponsored Link