甘酒を冷凍しても効果を落とさないコツ!長期保存も可能です!

Sponsored Link




甘酒を冷凍保存して大丈夫?  せっかく作った甘酒や入手困難な甘酒を冷凍保存したい時ありますよね。でも冷凍しても期待している効果に変化がないか気になります。保存容器もナニかおすすめがあればぜひ知りたいですね。

今回は甘酒の効果を落とさず冷凍し、長期保存をするコツについて調べてみました!

調べてみると意外な冷凍甘酒について意外な事実もわかってきました。さっそく私も冷凍庫に甘酒のための場所を確保して、取り掛かりたいと思います。


Sponsored Link

甘酒は冷凍しても効果は変わらない?

甘酒は冷凍保存をしても効果に変化はありません
参考元http://kazenonaosikata.com/1271.html

点滴レベルの効果があると言われる米麹の甘酒の栄養素、ブドウ糖・アミノ酸・ビタミンB1/B6/B12は冷凍保存で効果は変わりません。

酒粕の甘酒を冷凍保存した時は、含まれている食物繊維やレジスタントプロテインの効果は変わりません。米麹・酒粕どちらの甘酒も冷凍保存できます。

中でも麹が活きている米麹で作った甘酒の保存は冷凍がおすすめです。

理由としては、生の米麹甘酒(加熱殺菌処理をしていない甘酒)は酵素が活きているので発酵が進みます。冷凍で発酵を止めて甘酒が酸っぱくなるなどの味の変化を防ぐことができます。

 

市販の甘酒(加熱殺菌処理をしてある甘酒)も冷凍保存は有効です。コスパな大容量甘酒を購入した時、開封後に冷凍保存するメリットは?

  • 冷凍で開封後の雑菌の混入を防ぐ
  • 冷凍をすれば約1ヶ月の保存が可能

「続けて飲みたい甘酒」保存期間が長くなるのは助かりますね。

 

Sponsored Link


 

甘酒を冷凍するコツ!

 

冷凍をしたらもちろん解凍作業が必要ですね。「1回分づつ」取り出しやすい形になるよう凍らせることがコツです。
参考元http://www.funnews.pink/archives/3656.html

酒麹から作った甘酒と米麹から作った甘酒。粘度がちがいますね。それぞれに合った冷凍方法をご紹介します。

 

・酒麹から作った甘酒

準備するモノ

  • ジプロック
  • 菜ばし

 

ジプロックに入った甘酒を平らにし、菜ばしを使って折り目を作ります。使う時は折り目でポキッと折って解凍したい分量だけ取り出します。少し強めに線をつけておくと折りやすくなります。

 

・米麹から作った甘酒

準備するモノ

  • 製氷皿

酒粕の甘酒と同様にジプロック+菜ばしの冷凍もできますが、粘度が低い米麹の甘酒は氷を作る製氷皿を使っての冷凍もオススメです。離乳食用に使うふた付きの製氷皿なら、異物の混入が防げるので、安心して使えます。

 

どのくらいの長期保存が可能?

 

酒粕・米麹どちらも1ヶ月を目安に飲むことをオススメします。

家庭用の冷凍庫は、開閉の頻度が高いので庫内の温度を一定に保つのはまず不可能です。温度変化の影響が少ない期間で飲み切りましょう。

 

失敗しない解凍のコツ!

 

冷凍した甘酒を解凍する時に気をつけたいのは温度です。
参考元:http://hakkoushoku-style.com/amazake-reitou-kaiou-hozon/

菌が活きている甘酒は70度以上に温めるとせっかくの菌が活動停止、死滅してしまいます。電子レンジの解凍は中心部の温度が上がり過ぎる傾向があるのでオススメできません。

  • 自然解凍
  • お鍋を使って温める

解凍はこのどちらかで温度管理をしましょう。飲み物の70度以下がどのくらいか確認しておきます。

 

70度以下の飲み物

  • カップからスムーズに飲める紅茶の温度は60度~70度
  • ぬるめが適している玉露が40度~50度

温かいと感じるより低い温度ですね。

解凍のコツは「ぬるい」位の温度に温めるがポイントです。

 

Sponsored Link


 

冷凍甘酒の美味しい飲み方!

 

冷凍の甘酒、凍っているからこその飲み方(食べ方?)もちろんありますよ。

解凍しても美味しいですが、凍らしたままで手軽に頂くのもアリですよね。私がおすすめする3つの飲み方をご紹介したいと思います!

  1. そのままシャーベット感覚で食べる
  2. スムージーの材料として使う
  3. ヘルシーなシェイクの材料

 

そのままシャーベット感覚で食べる

江戸時代には暑さに負けないために甘酒を飲みました。気温が高い時は凍ったままもイイですね。シャーベットに近い食感になりますが、ちょい足しにショウガはいかがでしょうか? おろしショウガをのせれば見た目も変化。甘酒+ショウガはここでも外せないアイテムですね。

 

甘酒スムージー:1人前

冷凍甘酒100cc分・小松菜2株・リンゴ1/4

氷の代わりに冷凍した甘酒を使います。甘酒の甘味で優しいスムージーが手軽にできますね。甘酒をミキサーにかけると滑らかになるので、ツブツブが苦手な方は試す価値がありますよ。

 

甘酒シェイク:1人前

冷凍甘酒100 cc分・無調整豆乳100cc・バナナ1/2本

甘味料をつかわなくても甘酒とバナナの自然の甘みで癒されます。濃厚な仕上がりになるので氷を入れてお楽しみ下さい。味に変化をつけたい時はシナモンパウダーで、おしゃれとヘルシーをカスタマイズしましょう。

 

まとめ

いかかでしたか?ちょっと今回の甘酒の冷凍から解凍についてをまとめてみたいと思います。

  1. 甘酒は冷凍しても効果は変わりません
  2. 生の甘酒は冷凍で発酵が止まるので、冷凍保存がおススメ
  3. 米麹・酒粕どちらの甘酒も冷凍可能
  4. 酒粕の甘酒の冷凍はジプロックがおススメ
  5. 米麹の甘酒は製氷皿での冷凍がおススメ
  6. 解凍する時は70度以下で
  7. 電子レンジは中心部が高温になるので解凍には向きません
  8. 冷凍の甘酒はそのままシャーベット・スムージー・シェイクを作って楽しめます

甘酒は冷凍しても効果に変化が無いことが分かりました。特に生の甘酒は発酵が進んで味が変化することがSTOPできるので冷凍は有効な保存方法です。解凍は1回分づつが取り出せる形で凍らせて下さいね。麹菌は70度以上になると死滅してしまうので、温度には注意が必要です。

甘酒の解凍は糖が多く含まれている部分から始まります。甘味の濃い部分が下に溜まり、その後溶けた部分が上に溜まる傾向にあります。味が不均一になってしまうので撹拌をして味を調えてくださいね。

甘酒は冷凍保存で効果は変化をしなくても、味や風味の変化には注意が必要。冷凍をしても1ヶ月以内には飲むことをオススメします。「美味しさ」も効果の1つであることは間違いありません。

Sponsored Link