ビール1杯のカロリー消費に必要なジョギング時間と距離は?

ビール1

暑い日が続き、ビールがますます美味しくなる嬉しい季節です。

まだまだこの暑さも続きそうですし、毎日の晩酌が進んでいて、そろそろお腹周りが気になっている方も多いのではないでしょうか。

そんな時でもなかなか控えられないのが大人の事情というもの。

お付き合いなんかがあるとついつい飲み過ぎてしまうことも誰しもがありますよね。

そんな時は、ジョギングで摂取した分のカロリーを消費してしまいましょう!

では、具体的にどれぐらいの運動量が必要か、詳しくご説明していきます。


Sponsored Link

ビールジョッキ1杯のカロリーはどれくらい?

 

生ビール1杯が、およそ300ccとして、約120kcal〜150kcalほどと言われています。

お店によってジョッキサイズや量が変わってきますので、確実ではありませんが目安としては以下の通りになります。

各100mlあたり

ビール(発砲酒)  :40kcal〜50kcal

カロリーオフビール :20kcal〜30kcal

スタウト                       :60kcal〜70kcal

と言われています。

商品によってカロリーや糖質量に差がありますので、自宅で飲む場合は缶やビンの裏側の表示で確認してみると、カロリー調節ができて良いと思います。

発砲酒は、ビールよりも比較的カロリーは少ないと思っている方も多いと思いますが、あまり大きく違いはないと言われています。

ものによっては、ビールの方が少ないカロリーの種類もありますので、気をつけて表示を見てみましょう。

 

カロリー消費するのに必要なジョギング距離は?

 

ランニングのカロリー消費計算は、走り方や体格によって差が出ますので、こちらも目安ではありますが計算方法はこのような式を使います。

体重(㎏)× 距離(㎞) = 消費カロリー(kcal)

 

例えば…

体重(60㎏)× 距離(5㎞)=消費カロリー(300kcal)

となります。

基礎代謝量や筋肉の動かし方などで、多少前後することはありますがそこまで大きく変わらないと言われています。

体重が多ければ多いほど、消費されるカロリーは多くなっていくことになりますね。

 

体重60㎏の人が、生ビールを2杯飲んだ場合

生ビール2杯(600cc)×100ccあたりのカロリー(45kcal)=摂取カロリー(270kcal)として

消費カロリー(270kcal)÷体重(60㎏)= 距離(4.5㎞)

と、なります。

2杯なんてあっという間に飲み干してしまうという方も多いと思いますが、消費するには約3駅分の距離を走らないといけないのですね。

ちなみに、1㎞を8分で走った場合、約36分は走らないといけない計算になります。

運動に慣れていない人にとっては、毎回この距離は大変そうですね。飲酒量の調節は重要と言えますね。

 

カロリー消費するのに必要なジョギング時間は?

 

カロリーを消費するのには、距離が大切になります。

同じ距離を時間をかけて走ったとしても、あまり消費カロリーに大きな差は見られないと言われていますが、ジョギングはスピードを出すと無酸素運動と同じ筋肉疲労が起きてきます。

これによって筋肉量が低下し、基礎代謝が落ちてしまうので、スピードの速いジョギングをする場合は筋肉トレーニングの必要性が出てきます。

カロリー消費だけに重点を置いたジョギングであれば、あまりスピードを意識せずに自分のペースで設定距離を走ることをお勧めします。

代謝のメカニズムを考えると、15分以降に本格的な代謝がスタートするので、40分前後のジョギングだと効率がいいのではないでしょうか。

 

飲み会の次の日のジョギングで気を付ける事

 

飲酒をした翌日にジョギングをするのは、肝臓への負担がかかり過ぎてしまう為、ウォーミングアップやストレッチを入念に行い、体の状態をよく確かめてから行うようにしましょう。

体重60kgの人が、生ビール1杯300mlのアルコール分解にかかる時間は、およそ1時間30分と言われています。

体の健康状態によって個人差がありますのであくまでも目安とし、飲酒した後は水分とビタミンの補給をしっかり行いアルコール分解を促進しましょう。

その上で、翌日のコンディションを整えて走るようにしてください。

ジョギングは心肺機能にも大きな負荷がかかる全身運動ですので、健康状態に不安のある方はウォーキングをしながら、徐々に負荷をかけるように工夫しながらの運動をお勧めします。

 

まとめ

 

いかかでしたか?

ビールジョッキ1杯のカロリーは、約120kcal〜約150kcalと計算できます。

この消費カロリー計算は、体重×距離=消費カロリーで算出。

ジョギングの消費カロリーは時間ではなく距離で変わる為、スピードは出さずにゆっくりマイペースで行うのが大事です。

1杯飲んだら、4.5km走らないと消費できません。

ただし、注意したいのが、飲酒の翌日は肝臓に負担がかかっています。

ランニングするときは、飲酒後の水分とビタミンの補給をしっかり行い、ウォーキングなどで体調を確めてから行うようにしてみてくださいね。

でした。

ワンジョッキ、ワンジョギングで、この秋もさらに美味しいビールを楽しみましょう!

 

こちらの記事もおすすめです

土踏まずが痛い原因は?足の裏筋肉の正しい5つの対策!

カロリー消費が高い室内運動ベスト5!痩せるまでの近道はこれで!

おしりを小さくする5つの方法!短期間で小尻になるコツ!

腹筋ローラーの筋トレ効果でモデル並みのくびれを作るコツ

筋トレ後の筋肉痛がなかなか治らない!痛みが続く理由とは?

水泳ダイエットの効果的な方法!体脂肪を落ちる5つのコツ!

プールウォーキングでダイエット効果が出やすい距離とは?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です