営業がツラい!ストレス性の吐き気を抑える3つのコツ!

営業がつらい1

大切な商談がまとまらず今月の売上が大ピンチ・・・。

ノルマのことをを考えると吐き気がする。営業の仕事で受けるストレスは半端ではなく、これを原因に心身に支障をきたす方も珍しくないでしょう。

今回は営業によるストレスで吐き気を感じた時に、その吐き気を抑えるコツについて解説します。

 


Sponsored Link

営業がストレスで吐き気がする時の抑える3つのコツ

 

では、さっそく営業ストレスで吐き気がする時の3つの対策についてご紹介したいと思います。

  1. 公園のベンチや車の中で休む
  2. 額を冷やす
  3. アロマオイルを用いる

 

1)公園のベンチや車の中で休む

営業中に吐き気を催したら、とにかく座って気分を落ち着けましょう。

公園のベンチやトイレなどの個室、車で営業している方は駐車場に停めた車の中で気分が落ち着くまでゆっくり休んでください。

横になる場所があれば、少しの間横になるのも効果的です。

リラックスすることによって、徐々に吐き気が落ち着いてきます。

 

2)額を冷やす

湿らせた布や、冷却ジェルシートなどを額に当てて冷やしましょう。

額を冷やすことが吐き気の解消に直接効果があるわけではありませんが、気持ちが安らぎ、リラックスの効果が期待できます。

額以外にも顔全体や首など、冷やすことで吐き気の不快感が緩和されることがありますので試してみましょう。

 

3)アロマオイルを用いる

ペパーミントや柑橘系の香りは、吐き気やむかつきを緩和する効果があると言われています。

アロマオイルの香りをハンカチなどに染み込ませておけば、仕事中に突然吐き気を催しても、香りを嗅いで気持ちを落ち着かせることができます。

営業車が与えられている方は車の中にこういった香りがするものを置いておけばよいですね。

 

吐き気を予防のコツ!

 

吐き気が起こらないようにするには、いかにストレスを解消するかがポイントになります。

営業で感じるストレスは、売上ノルマのプレッシャー、営業先の会社との人間関係等、様々なものはありますが、営業マンのほどんどは、ほぼ毎日ストレスを感じているのではないでしょうか。

毎日ストレスを感じているということは、それを毎日解消し、翌日に持ち越さない習慣を作ることがストレスを溜めないコツと言えます。

日々の仕事の終わりに、お酒を飲む、ジョギングなどの運動をする、入浴をするなど、1日のストレスを解消する習慣を作ってみてはどうでしょうか。

 

まとめ

 

営業で吐き気を感じたら、まずはリラックスできる環境で気分を落ち着けましょう。

吐き気そのものを予防するにはストレス解消を習慣化していく必要があります。

日々の生活の中で無理なくできるストレス解消法を考え、その日のストレスはその日のうちに解消するようにしましょう。

 

こちらの記事もおすすめです

ストレス性の吐き気の止め方!即効性に抑える5つのツボ!

パニック障害でも飛行機に乗る5つ方法!不安を抑えるには?

lineで業務連絡してくる上司のストレスから逃れる5つの方法!

【少しでも不安を抑える】薬局で手に入るパニック障害薬まとめ

Sponsored Link