パニック障害でも飛行機に乗る5つ方法!不安を抑えるには?


Sponsored Link

飛行機1

パニック障害に陥ったことがある人にとって、飛行機などの閉鎖空間に長時間滞在することは非常に不安ですね。

特に、飛行機の中でのパニック障害の経験がある人はトラウマとなっていることも多いと思います。

パニック障害の方でも、うまく飛行機に乗る方法などうすればよいのでしょうか?

今回はパニック障害になりやすい方でも飛行機に乗るポイントは5つのリラックス方法についてまとめてみました。

 

こちらもおすすめ↓
【少しでも不安を抑える】薬局で手に入るパニック障害薬まとめ


Sponsored Link

パニック障害でも飛行機に乗るポイントは5つのリラックス方法

 

  1. 信頼できる人と搭乗する
  2. 空いている便を選ぶ
  3. 通路側の座席を選ぶ
  4. 非常口の近くの座席を選ぶ
  5. 発作時の頓服薬を持って搭乗する

以上が、パニック障害でも飛行機に乗るポイントは5つのリラックス方法になります。

とても簡単に取れる方法を厳選してみました。

 

1)信頼できる人と搭乗する

不安を解消しリラックスするためには自分が信頼できる人といっしょに飛行機に搭乗することが大切です。

また、自分の発作のことをよく理解し、何かあっても助けてくれるという安心感のある人であれば、よりリラックスした気分でいられるという統計も出ています。

1人で無理をしない事が重要です。

 

2)空いている便を選ぶ

そもそも飛行機の閉鎖空間という環境がパニック障害を起こりやすくしているわけですが、これが満席の飛行機であればさらに閉塞感を強く感じてしまいます。

搭乗する時間帯などを工夫して、少しでも空いている飛行機を選べば落ち着いた気持ちでいることができます。

人混み、圧迫感、、これは症状が出やすい状況といえます。

多少の手間でも安全に飛行できるなら避けるのが安心ですね。

 

3)通路側の座席を選ぶ

窓際の座席を選ぶと、飛行機の壁と隣の座席の人に挟まれる形となり、閉塞感を強く感じてしまいます。

通路側の座席であれば必ず一方は通路という形ですので、閉塞感を和らげることができます。

お金に余裕のある方は広い座席にグレードアップしていまうのも一つの方法です。

いつでも動けるというのは、心の安心感につながります。座席指定はしておきたいですね。

 

4)トイレの近くの座席を選ぶ

長時間のフライトの場合は、トイレのことでも不安に感じてしまいます。

トイレの近くの座席を選ぶことで安心感を得ることができ、不安な気持ちを一掃してリラックスすることがきでるはずです。

 

5)発作時の頓服薬を持って搭乗する

実際に発作が起こった時に抑えるための薬を病院で処方してもらいましょう。

パニック障害の発作用の薬はいくつかありますが、飲んでから20〜30分程度で効果が得られるものが多いようです。

シンプルですが、薬を持っておくことで安心感にもつながります。

 

まとめ

 

パニック障害をお持ちの方が飛行機に乗る際のポイントについて紹介しました。

  1. 信頼できる人と搭乗する
  2. 空いている便を選ぶ
  3. 通路側の座席を選ぶ
  4. 非常口の近くの座席を選ぶ
  5. 発作時の頓服薬を持って搭乗する

簡単に思いますが、この対策をしておくだけでも効果は違います。

ぜひ試してみてください。

ですが、パニック障害にはきちんと治療法がありますので、まずは精神科で診察を受けることが大前提となります。

ほんとうの意味での飛行機不安の解消は、診察を受けることで原因や性質をよく理解することかと思いますので、強い不安のある方は医師の診察を受けてくださいね。

 

こちらの記事もおすすめです

営業がツラい!ストレス性の吐き気を抑える3つのコツ!

ストレス性の吐き気の止め方!即効性に抑える5つのツボ!

lineで業務連絡してくる上司のストレスから逃れる5つの方法!

【少しでも不安を抑える】薬局で手に入るパニック障害薬まとめ


Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です