インフルエンザa型の潜伏期間はいつまで?5つの注意点!

インフルエンザ うつる1

インフルエンザA型は、寒くて乾燥した季節に感染しやすく、潜伏期間を経てから急に症状が大きくなります。

その一般的な流れとぶり返しについての情報をお届けするとともに、家族がかかっていることがわかった時の食事について、気を付けるべき点についてご説明したいと思います。

 


Sponsored Link

インフルエンザa型の潜伏期間はいつまで?

 

インフルエンザA型は、B型に比べて感染から発熱までが短いと言われています。

B型の場合は1日~3日となっており、A型は1日~2日です。

一日の違いですが、A型の方が、進行が少し速いことになります。

 

インフルエンザ解熱後も感染しやすい期間は?

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%82%99%e8%a7%a3%e7%86%b1%e5%be%8c%e3%82%82%e6%84%9f%e6%9f%93%e3%81%97%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84%e6%9c%9f%e9%96%93%e3%81%af%ef%bc%9f

インフルエンザにかかって38度以上の高熱が出て、一度37度台まで下がってから24時間以内に再び熱が上がることを、「二峰性発熱」と呼びます。

大人ではあまり見られませんが、幼い子供さんがインフルエンザにかかってしまった時は、この「二峰性発熱」に対する注意が必要です。

熱が37度台に一旦下がってから、24時間以内は油断ができないということですね。

 

うつりやすくなる?5つの注意点!

 

1)過労やストレス

事前に予防接種をしていたとしても、疲れやストレスをためてしまうと免疫力が下がり、罹患しやすくなります。

 

2)睡眠不足

良い睡眠は、疲労回復はもちろんのこと、体の各細胞を修復して免疫力をつける役割もあります。

他の予防対策が無駄にならないよう、睡眠の時間と質を大事にしましょう。

 

3)空気の悪条件

インフルエンザA型は、湿度が50%未満70%以上、換気の悪い空気の中で感染しやすいと言われています。

温度に関しては18~22℃を目安に、できるだけ自分が快適にいられる状態を確保することが大切です。

 

4)偏った食事

一年365日、パーフェクトな食事にこだわらなくても良いので、普段からバランスのとれた食事を、心がけるだけで違ってきます。

インフルエンザの流行時期に強化して摂ると良いのは、ビタミンDとC、次いでビタミンAであると言われています。

 

5)腸内環境が悪い

腸内環境が悪化すると、免疫力・自己治癒力が低下します。

これを防ぐためには、適度な水分補給と発酵食品・飲料が有効です。

普段から便秘などをしている場合はインフルエンザにかかる前に改善しておくと、すべての病気が発症しにくい体・かかっても復活しやすい体に変えていくことができます。

 


Sponsored Link

 

一緒に食事を取るときの2つの注意点

%e4%b8%80%e7%b7%92%e3%81%ab%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%82%92%e5%8f%96%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%ab%e6%b3%a8%e6%84%8f%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%e7%82%b9

1)罹患した人が調理するとき

患った人は休むことに専念するのが一番ですが、今日はどうしてもという日もありますよね。

そんな時は、感染者を増やさないために、料理前に手洗いとアルコール消毒をして、マスクを着用し、体力をあまり消耗しないうちに終わらせましょう。

 

2)罹患した人と食卓を囲むとき

例えば熱々の鍋を囲んだ後に感染者が増えたとすれば、鍋の中を介してではなく、やはり近くで対面した時の、飛沫による感染と考えられます。

食事に限らず、感染した人の近くにいる時間に比例して、うつる確率は高くなります。

育児や介護などの関係でやむを得ない場合は、なるべく食事時間を短くし、食事の前後はお互いに手洗い・うがい・アルコール消毒をしましょう。

 

まとめ

 

インフルエンザA型の潜伏期間と食事の際の注意点について、いかがだったでしょうか?

インフルエンザA型は、感染してから1~2日で発熱し、下がってから24時間は二峰性発熱に注意。

うつりやすい条件

  • 過労
  • ストレス
  • 寝不足
  • 湿度50%未満
  • 18℃以下汚れた空気
  • 偏った食事
  • 腸内環境の悪化

 

食事での注意点

  • 感染者は調理しない(する場合はマスク・手洗い・消毒を)
  • 食卓を共にせざるを得ない場合は前後の手洗いうがい・消毒

ということで、かかった人は休んで治すことを最優先にし、普段からかかりにくい条件を整えておきたいものですね。

 

こちらの記事もおすすめです

インフルエンザワクチンの効果期間を最大限伸ばすコツ!

インフルエンザ予防接種の副作用で頭痛や嘔吐した時の対処法!

インフルエンザウイルスにうつる確率を劇的に下げる5つの方法!

インフルエンザで嘔吐して薬飲めない!5つのコツで楽に!

インフルエンザに良い果物と食べるとNGな物を調べてみた!

インフルエンザの治りかけにおすすめ栄養満点な回復する食事5選

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です