ランニングダイエット!顔痩せの効果が出るまでの距離と期間!

ランニングダイエット1

みなさん、ランニングダイエットはご存知でしょうか?

このサイトでも数々ご紹介しておりますが、今回は別の角度からこのランニングダイエットの効果をご紹介したいと思います。

それは、ズバリ!顔やせです。

体も変われば、顔だって痩せてきます。その効果が出るまでをご説明いたします。


Sponsored Link

ランニングで顔痩せ効果出てくる期間と距離とは?

 

顔痩せ効果が出てくる期間と距離はどれぐらいでしょうか。

個人差はありますが、一般的なデータをもとにご説明いたします。

一日置きに、1回30分以上を時速6キロ以上で行った場合、

【だいたい走り込んだキロ数が120キロを超える3ヶ月頃】

と言われています。

この頃には、一般的にはちょうど体脂肪が3%程度落ちる期間とみられていて、見た目にも変化が出やすい時期になります。

顔から痩せやすい体質でしたら、2ヶ月頃には変化の兆候が出てくる方もおられます。

しかし、一般的には顔はお腹周りの次に痩せにくいと言われていますので、皮下脂肪が気になるぐらいの体型の方でしたら時間がかかる可能性は高いと言えるでしょう。

 

ランニングでより顔痩せ効果を高める3つのコツ

 

より、顔痩せ効果を高めるには、次にご紹介いたしますコツを実践してみてください。

 

1.ランニング前にアイウエオ体操とベロ出し運動などの顔トレを行う

有酸素前に筋肉を刺激することで、直接顔の筋肉を引き締める効果が高まります。

 

アイウエオ体操のやり方は、あ・い・う・え・お、と大きう口を開け閉めします。

声は出さなくても大丈夫ですが、限界ぐらいまでしっかり口を開け、一秒間隔でゆっくり行うことがポイントです。

べろだし運動とは、下を斜め右下・左下・真上・真下に出す運動です。

こちらも1秒間隔で限界まで引き出すことが大切です。

 

2.脂質・塩分を制限する

塩分や脂肪分は、顔のむくみの原因にもなりますので、控えることで効果が高まります。

脂質は顔全体の輪郭にも影響しますので1日の標準摂取量を守りコントロールしましょう。

塩分は浸透圧のバランスを崩し、細胞に水分を溜め込んでしまいますので、意識して摂取量を減らすことをお勧めします。

 

3.ランニング後ストレッチでむくみを解消する

ストレッチも、むくみの解消になりますので、自然と顔の輪郭も引き締まります。

ランニングで一番使用している大腿筋・腓腹筋・大臀筋を入念にストレッチすることで、リンパの流れを良くしてくれます。

運動後は床に座って、ハードル飛びの体制で体を前に倒し、下肢裏側をしっかりと伸ばすようにしましょう。

 

体脂肪率が低下し、体内の循環機能が活発になると、自然に顔痩せ効果も高まりますので、ランニングの方法も同時に見直すとより効果的と言えます。

 

まとめ

 

ランニングで顔痩せ効果が出てきる距離と期間は、

【120キロで3ヶ月程度】

顔痩せ効果を高める3つのコツは、

  1. ランニング前にアイウエオ体操などの顔トレを行う
  2. 脂質・塩分を制限する
  3. ストレッチでむくみを解消する

1.有酸素前に筋肉を刺激することで、直接顔の筋肉を引き締める効果が高まります。

2.塩分や脂肪分は、顔のむくみの原因にもなりますので、控えることで効果が高まります。

3.ストレッチも、むくみの解消になりますので、自然と顔の輪郭も引き締まります。

でした。

ランニングをしながら部分痩せを期待することは、あまり現実的とはいえませんが、ランニングに飽きてきていたり、違った視点で楽しむにはこういう方法も鮮度を高めてくれていいと思いませんか?

ぜひ、マンネリ気味な方はトライしてみてくださいね。

顔が痩せてきたらいよいよ腹筋割れのスレンダー体型を手に入れるチャンスですよ!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
週1ウォーキングでダイエット効果を最大限に高める3つのコツ

ランニング初心者が10キロの走行タイムを縮める5つのコツ!

ランニング初心者の女性におすすめ!冬の服装の選び方!

ランニング後のふくらはぎ痛みの原因と筋肉痛の治し方!

ランニング初心者におすすめ!長距離向きのプロテイン3選!

ランニング初心者が揃えるべき5つのアイテム!厳選してみました!

ランニングにおすすめの音楽!やる気が出るベスト10選!

ランニング初心者が五キロの距離を走り切る5つのコツ!

ランニングシューズの選び方!初心者でも失敗しない5つのコツ!

Sponsored Link