咳止め薬とアルコールの飲み合わせは危険?気を付けたい事とは?


Sponsored Link

咳止め薬を飲んでる時に、アルコールを飲むと危険な副作用が起こるんじゃないかと心配になりますよね。

せっかく飲みに出かけるなら、その危険性をしっかり確認して、どうするか判断したい!と考えている方も多いはず。

飲んでしまう前にぜひ咳止め薬とアルコールの併用を理解して頂ければと思います。

今回は、咳止め薬とアルコールの併用が危険かどうか?について調べてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 


Sponsored Link

咳止め薬とアルコールの飲み合わせは大丈夫?

 

咳止め薬とアルコールの飲み合わせはOKかNGか…結論からお伝えします。

【飲み合わせは大丈夫ではありません】

大丈夫ではない理由があります。

それは、アルコールが咳止め薬の分解を阻止し、

正しく分解されないために効果が強く出てしまう

からなんです。

 

簡単に説明させて頂きますね。

アルコールの分解と薬の分解は同じ肝臓で行われています。

咳止め薬を飲んで、アルコールを摂取したときはまずアルコールを分解。

その結果、薬を分解して正しい効き目で、体内に届けることを妨げてしまいます。

分解ができない咳止め薬はこのような状態を招きます。

分解ができないと、

肝臓で分解ができなかった薬

未分解の薬として体内に残ります

正しい効き目レベルより強い成分が体内に残留

強い効果で副作用が起こりやすくなります

辛い咳を止めるために飲んだはずなのに、アルコールのために体調の悪化を招く副作用を起こす原因になってしまいます。

ただ咳止め薬と言っても、その数はかなりあります。

その中で、特に気を付けたい市販の咳止め薬を調べました。

 

飲み合わせ注意!抗ヒスタミン成分を含む3つの咳止め薬

 

アルコールとの飲み合わせ、特に注意が必要な咳止め薬、まず1つは成分に「抗ヒスタミン」が含まれている市販薬です。

「抗ヒスタミン」の成分は、眠気を引き起こす可能性があります。

アルコールを飲むとこの症状が強くでる恐れがあるのです。

ヒスタミンによる眠気のメカニズムを簡単に説明すると、

ヒスタミンは脳神経の働きを促す物質

ヒスタミンの過剰活動がアレルギーを起こします

ヒスタミンの活動を抑える成分が中枢神経に作用します

ヒスタミンが不足します

脳の活動性低下から眠気が起こります

このような経過で眠気が起こります。

また、咳中枢に作用するジヒドロコデインリン酸の副作用にも同じような作用で眠気の症状がみられる事があります。

 

さらに、さきほどお伝えした通り【アルコールを飲むと薬が正しく分解されず、副作用の眠気を引き起こす】可能性があります。

 

咳止め薬の2つの成分による眠気の副作用にプラスして、アルコールによる眠気。。

プラスというより掛け算で眠気レベルも半端ありません。

アルコールとの飲み合わせは避けてくださいね。

代表的な【ヒスタミン配合」咳止め市販薬としては、

  1. アネトンせき止めZ液
  2. プレコール持続性せき止めカプセル
  3. ジキニン液Dせき止め

この3つがあります。

どれもドラッグストアで簡単に入手できる製品です。

こちらの商品を購入する際は、十分に眠気の副作用に気を付けてくださいね。

 


Sponsored Link

 

飲み合わせ注意!抗ヒスタミン系以外の3つの市販薬

 

さきほど少しご紹介しましたが、もう1つ「咳中枢」に効くことで咳を止める成分にも注意が必要です。

これも、抗ヒスタミン同様に強い眠気を引き起こす可能性があります。

 

咳中枢に効く市販薬、代表的な3点を挙げておきます。

1)新コンタック咳止めW持続性(指定第2類医薬品)

非麻薬性「デキストロメトルファン」が咳中枢に効きます。

抗ヒスタミン成分は入っていないので風邪症状の咳に有効です。

 

2)新ブロン液エース(指定第2類医薬品)

麻薬性「ジヒドロコデインリン酸」が咳中枢に作用して咳を鎮めます。

抗ヒスタミン成分も入っているのでMAXな眠気に注意が必要。

 

3)ストナプラス2(指定第2類医薬品)

麻薬性「ジヒドロコデインリン酸塩」が咳中枢に作用して咳を鎮めます。

抗ヒスタミン成分も含まれています。眠気には最大限の注意を!

 

もしアルコールを飲んでしまったら眠気以外にも気を付けたい副作用があります。

 

アルコールをうっかり飲んだ場合に気をつけたい副作用

咳は出るけれど、ちょっとリラックスも兼ねてアルコールを摂取してしまった…この後起こる副作用にはこのような症状があります。

さきほどもお伝えしたように、要注意の副作用として、【強い眠気が起こる】可能性がありますが、その他にも気を付けたい副作用があります。

眠気以外にも気を付けたい3つの副作用も合わせて紹介させて頂きますね。

注意すべき副作用とは、

  • 発疹
  • 吐き気
  • 呼吸困難

この3つの症状です。

発疹や吐き気が出たときは、副作用を疑い直ちに適切な対処をしてください。

呼吸困難が出た際は、びっくりすると思いますが、慌てず誰かに付き添ってもらい、迷わず病院での診察を受けましょう。

軽い副作用の症状でも、薬やアルコールの分解進行には個人差があるので、最低2~3日は様子を見守ってくださいね。

病院に行くときは服用した薬も忘れずに持参して成分を確認してもらいましょう。


Sponsored Link

 

咳止め薬とアルコールを飲んでしまった時の2つの対処法

 

万が一咳止め薬とアルコールを飲んでしまったとの対処法

  1. アルコール対策として、水分補給
  2. 強い眠気が出たときは、とにかく睡眠が最善

この2つをまず実行してみてください。

 

1)アルコール対策として、水分補給

アルコールの利尿作用で脱水状態になっています。

そしてアルコールを分解するためにカリウムが沢山使われます。

カリウム不足は疲労感も招きます。

吸収されやすく栄養分も摂取できるのおすすめの水分補給方法としては、2つあります。

  1. 経口補水液
  2. みそ汁

この2つです。

 

1.経口補水液で水分補給をしましょう

飲み方としては、1日の総量で、摂取量500~1000mlを目安

点滴を体に入れることをイメージして、常温で少しずつ飲みます。

500mlならすべてを1時間で飲み終わるのが理想。

10分毎に1~2口のペースで飲んでください。

 

2.おすすめ水分補給はお味噌汁です

飲みすぎた翌朝のメニュー候補として常に上位にランクインされますね。理由もあります。

お味噌汁で水分補給がなぜおすすめかというと、

  • 水分と栄養分が摂れます
  • 味噌にはアルコール分解を促す成分が含まれています

お味噌汁は肝臓に優しい日本食。

具はお豆腐のたんぱく質と、アルコールの分解をサポートする白菜やきのこ類で、回復力を上げていきましょう。

 

2)強い眠気が出たときは、とにかく睡眠が最善

眠気の感じ方にも個人差があるかもしれませんが、強い眠気の対処法はとにかく寝るしかありません。

カフェインで目覚ましは、薬にカフェインが含まれていると、過剰摂取で体調不良を招きます。

冷たい水で顔を洗っても、眠気が取れるのはその時だけ。

風邪症状の咳を鎮めるためには、睡眠も重要です。

ぐっすり寝た後は寝起きのふらつきに注意が必要。

脳の中枢神経に作用する薬の副作用は特にめまいが起こりやすいので、周囲の人も気を付けてあげてくださいね。

 

まとめ

 

いかかでしたか?

咳止め薬とアルコールの飲み合わせについて、知っておいて頂きたい事は、以下の8つです。

  1. 咳止め薬を飲んでいる時、アルコールは厳禁
  2. 肝臓はアルコールの分解を優先します
  3. アルコールが咳止め薬の分解を妨げます
  4. 咳止め薬の成分の正しい効果を得られません
  5. 抗ヒスタミン・咳中枢に効く成分が含まれている市販薬は要注意です
  6. 咳止め薬とアルコールで副作用の眠気が強く出ます
  7. 眠気が強い時は安静・睡眠が対処法です
  8. より強い副作用の症状が出たら病院へ行きましょう

咳を止めたいときは、咳止め薬の働きを最優先して、アルコールはお休みですね。

お大事にしてください。

 

こちらの記事もおすすめです
咳止めによく効く市販薬ランキング!むせて辛い方におすすめ!
咳止め薬の副作用でめまいが起きないものをまとめてみた!
咳止めに効く最強の市販薬5選!とにかく早く咳を止めるならコレ!
咳止め薬とトローチの併用は大丈夫?喉の痛みを和らげるには?
咳止めにおすすめのど飴7選!喉がスッとする商品を厳選!
咳と微熱が続く!長引く時に考えられる11個の原因!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です