厄年に転職して良かった!成功させる5つのポイント!

厄年だけど転職したい!

条件のいい転職の話が来ているけど厄年だし…。

何となく厄年だと良くないことが起こりそう、失敗しそうな気がして踏み出せないなんて思っている方も多いと思います。

でも、チャンスというものは人生で何回も巡ってくるとは限りません。せっかくのチャンスなのに厄年だからと諦めて断ってしまっては勿体ないですよね。

厄年だけど転職したい!そんなあなたに転職を成功させるための5つのポイントをご紹介します。


Sponsored Link

厄年でも転職を成功させる!5つのポイント!

 

では、さっそく厄年だけど転職したい!そんなあなたに転職を成功させるための5つのポイントをご紹介します。

1)不満や不安のみで転職しない

転職を考えているなら、まずなぜ自分が転職したいのかをじっくり考えてみましょう。

  • 「上司が嫌いだから」
  • 「今の仕事をやりたくないから」
  • 「何となく別の仕事の方が自分に向いていそうな気がするから」

もし、こんな回答が出てくるのなら要注意です。

このように目的もなく、曖昧な理由で転職を考えているのであれば、もし転職できたとしても数年後に同じような理由で転職を考える可能性が高いでしょう。

そして、その時に「やっぱり厄年に転職なんかしたから良くなかったんだな」と厄年に転職したことを逃げに使うのです。

これでは厄年かどうかに関わらず、うまくいくはずがないですよね。

成功する考え方とは、

  • 「自分のキャリアアップのために今転職すべきだ!」
  • 「自分には将来的にこういう目標や具体的なプランがあるので、それを叶えるために転職する必要がある」

など、転職するにあたって明確な理由や目標があれば成功する可能性は高いでしょう。

 

2)冷静にリサーチし自分に合った仕事を見つける

今の職場の人間関係などが原因ですぐにでも転職したい!と思っていたとします。

人間は精神的に追い詰められていたりすると、ふと舞い込んできた転職の話に飛びついてしまいそうになりますが、一度冷静になって考える時間を持ちましょう。

  • その会社の仕事は本当に自分に合っているのか?
  • 自分が望んでいる条件を満たしているか?
  • 人間関係はどうか?
  • 就労条件はどうか?

など出来る範囲ででも情報収集することは大切です。

転職エージェントなどで専任のコンサルタントに相談して自分に合った仕事を探すのも一つの手です。

いざ転職してから、こんな仕事とは聞いていない、こんなはずじゃなかった、なんてことの無いようにしたいですね。

 

3)タイミングを逃さない

真剣に転職を考えていると、良い話が向こうからやってきたりすることもあるでしょう。

その時に「厄年だから…」と尻込みしてしまっては、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうことにもなりかねません。

もちろん先ほど説明した通り、まずは冷静にリサーチし考える必要はあります。

ですが、良いタイミングというのは何度もやってくるものではないので、自分がよく検討した上でその話を受けるべきだと結論を出したのであれば勢いも大切ですよ。

ただし、必ず現在の仕事を辞めるのは次の仕事が確定してからにしましょう。先を見越して辞めてしまうと万が一転職先にも断られてしまったら困ったことになってしまいます。

 

4)厄年を人生の転換点とプラス思考に捉える

厄年だから失敗しそうとか、良くないことが起こりそうと考えていると本当にその通りになってしまったりしますよね。

厄年を人生の節目や転換期と受け止め、厄年は運気が最低の年なので後は上がっていく一方という考え方から、逆に新しいことを始めるには最適な年だと考える人もいます。

物事は本人の考え方次第でとらえ方も変わりますし、見える世界も変わってくるということですね。何事にもプラス思考は大切ですよ!

 

5)厄払いをして不安解消!

それでもやっぱり不安だという方もいることでしょう。

不安な状態のままでは、自分に自信が持てなくなり、転職しようにも自分の本来の魅力を相手に伝えることが出来なくなってしまうかもしれませんね。

どうしても不安だという場合は、やはり厄払いや厄除けで不安を解消するのが一番です。

 

次はそんな厄除けに行くのにオススメの各地の神社仏閣をご紹介します。

 

参考元:http://www.worqlip.jp/entry/success_or_failure

 


Sponsored Link

 

転職前に厄除けに行こう!【全国版】有名な神社仏閣!

【関東地方】厄除けで有名な神社仏閣14選!

関東には厄除けで有名な神社仏閣はたくさんあります。

その中でも関東厄除け三大師(真言宗)、関東の三大師(天台宗)、関東三大不動(真言宗)、関東厄除け三不動(天台宗)はとくに有名です。

 

関東厄除け三大師(真言宗)

1)西新井大師/東京都足立区

2)川崎大師/神奈川県川崎市

3)妙高山 観福寺/千葉県香取市

 

関東の三大師(天台宗)

4)佐野厄除け大師/栃木県佐野市

5)青柳大師/群馬県前橋市

6)川越大師/埼玉県川越市

 

関東三大不動(真言宗)

7)成田不動尊/千葉県成田市

8)高幡不動尊/東京都日野市

9)不動ヶ岡不動尊/埼玉県加須市

 

関東厄除け三大不動(天台宗)

10)目黒不動尊/東京都目黒区

11)千葉厄除け不動尊/千葉県東金市

12)飛不動尊/東京都台東区

 

参考元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%84%E5%B9%B4

 

他にも有名どころとして、

13)神田明神/東京都千代田区

縁結びの神様である大己貴命(おおなむちのみこと)や商売繁盛の神様である少彦名命(すくなひこなのみこと)の他に、除災厄除の神様である平将門公をお祀りしています。

参考元:http://www.kandamyoujin.or.jp/profile/

 

14)日枝神社/東京都千代田区

日枝神社の神使である猿は「神猿(まさる)」と呼ばれ「まさる」=「ま さる」=「魔が去る」として古くから魔除けや厄除けで有名となっています。

参考元:http://www.gokigan.jp/hoyoke.html

など関東地方にはたくさんの有名な神社仏閣があります。

 

【近畿地方】厄除けで有名な神社仏閣9選!

1)晴明神社/京都府京都市上京区

陰陽師として有名な安倍晴明公をお祀りした神社で厄年の考えが陰陽道由来ともいわれています。

安倍晴明公が平安時代の災厄を祓ったことから魔除けや厄除けで有名な神社です。

参考元:http://www.seimeijinja.jp/

 

2)北野天満宮/京都府京都市上京区

菅原道真公をご祭神としてお祀りする全国の天満宮や天神社の総本社です。

平安京の都の守護を司る「乾(北西)」の守り神として創建されており、厄除け災難除けとしても有名です。

参考元:http://kitanotenmangu.or.jp/about_history.php

 

3)平安神宮/京都府京都市左京区

様々な祈願を行うことができることや、100年を超える婚礼の伝統があることから、神前式を行う神社としても有名です。

参考元:http://www.heianjingu.or.jp/shrine/heianjingu.html

 

4)八坂神社/京都府京都市東山区

祇園祭は京の都に疫病が流行した際に66本の鉾を立てて祇園の神様を祀り、神輿を送って災厄の除去を祈ったことが始まりです。

参考元:http://www.yasaka-jinja.or.jp/event/gion.html

 

石清水八幡宮/京都府八幡市

歴史上重大な出来事が起こるたびに朝廷より石清水八幡宮に御祈願があり、それが八幡大神様の御神威により平定されてきたなどの故事から、厄除けの神様として広く知られるようになりました。

参考元:http://www.iwashimizu.or.jp/kito/yakuyoke.html

 

5)日吉大社/滋賀県大津市

全国の日吉・日枝・山王神社の総本宮です。そのため関東地方で紹介した日枝神社同様、神使の猿は「神猿(まさる)」=「魔 去る」「勝る」として魔除けの象徴として大切に扱われています。

また、京の都の表鬼門(北東の方角)にあたることから都の魔除や災難除を祈る社として昔から崇敬を受けていました。

このことから、方除・厄除の大社として有名です。

参考元:http://hiyoshitaisha.jp/about/

 

6)立木観音/滋賀県大津市

自身が42歳の大厄であった大師は、観音様に導いていただいたと喜ばれ、未来永劫の人々の厄難や疫病を祓い、諸々の願い事を叶えようと願い聖観世音菩薩を刻まれたということから、厄除、心願成就に霊験のある観音様として有名です。

参考元:http://www.tachikikannon.or.jp/

 

7)多賀大社/滋賀県犬上郡

ご祭神としてお祀りされている伊邪那岐大神と伊邪那美大神は、初めて夫婦の道を始められ、国土、八百万の神々をお産みになられた生命の親神様であるということで、古くから延命長寿・縁結び・厄除けの神様として有名です。

参考元:http://www.tagataisya.or.jp/about/

 

8)住吉大社/大阪府大阪市住吉区

全国の住吉神社の総本社です。

住吉大神は「祓(はらえ)」を司る神「祓の神」として古くから崇敬を受けており、厄払いで有名となっています。

参考元:http://www.sumiyoshitaisha.net/outline/outline.html

 

9)門戸厄神 東光寺/兵庫県西宮市

あらゆる災厄を打ち払うとされる厄神明王をお祀りしていることから、関西地方では厄除けでとても有名です。

参考元:http://mondoyakujin.or.jp/

 

このように近畿地方にも多くの厄除けで有名な神社仏閣があります。さすがに京都府は多いですね。

 


Sponsored Link

 

【中国地方】厄除けで有名な神社仏閣3選!

1)広島護国神社/広島県広島市中区

安産祈願や交通安全祈願の他に厄除けや合格祈願など様々な祈願をすることができます。

参考元:https://www.h-gokoku.or.jp/

 

2)遠石八幡宮/山口県周南市

八幡大神のご神徳は厄除開運や家内安全、交通安全、事業発展など多岐にわたり広大無辺であるとされています。

参考元:http://toishi.co.jp/hachiman/yuisho/index.html

 

3)出雲大社/島根県出雲市

目に見えないご縁を結んでくださる大国主大神様をお祀りしています。

人間関係や仕事の縁などにもご利益があるのでその面でも転職を考えている方には良いかもしれません。

また、八百万の神様が集まる場所ですので、個人的には厄除けにもかなりの効果が期待できそうな気がします。

参考元:http://www.izumooyashiro.or.jp/about/ookami

 

【九州地方】厄除けで有名な神社仏閣4選!

1)太宰府天満宮/福岡県太宰府市

全国の天神さま(菅原道真公)をお祀りしている神社の総本宮です。

学問の神様として全国的にとても有名ですが、「至誠・厄除の神様」としても有名です。

参考元:http://www.dazaifutenmangu.or.jp/about

 

2)宮地獄神社/福岡県福津市

神功皇后がこの地に滞在して宮地獄山頂に祭壇を設け祈願して船出をしたのが始まりで、「何事にも打ち勝つ開運の神」として有名です。

参考元:http://www.miyajidake.or.jp/history

 

3)青島神社/宮崎県宮崎市青島

天の平瓮投げ(あめのひらかなげ)という神事もあります。平瓮(ひらか)と呼ばれる神事に使われる薄い土器のお皿を決められた作法に従って盤境に向かって投げ、盤境に入れば心願成就、割れれば開運厄除となります。

参考元:http://www.aoshimajinja.sakura.ne.jp/yuisyo.html#

 

4)照國神社/鹿児島県鹿児島市

様々な祈願をすることができ、安産や合格祈願の他、厄除開運祈願ができる神社です。

参考元:http://www.terukunijinja.jp/page70986.html

 

他にも厄除けで有名な神社仏閣は数多くありますので、ここでは紹介しきれませんが、近場の厄除けで有名な神社仏閣を調べて厄除けに行かれてもいいでしょう。

また、神社などによって数え方や厄年が異なることがあるため、厄除けや厄払いなどに行く場合はきちんと確認してからにした方が良いですよ。

 

まとめ

 

厄年は新しいことを始めるには不向きな年とされ、転職しても失敗するのではないかと不安になりがちです。

転職を成功させるためには

  • 不満や不安のみで転職しない
  • 冷静にリサーチし、自分に合った仕事を見つける
  • タイミングを逃さない
  • 厄年を人生の転換点とプラス思考に捉える
  • 厄払いをして不安を解消する

といった5つのポイントを押さえておきましょう。

 

厄除けや厄払いで有名な神社仏閣は

関東地方

【関東厄除け三大師】西新井大師/東京都足立区、川崎大師/神奈川県川崎市、観福寺大師堂/千葉県香取市

【関東の三大師】佐野厄除け大師/栃木県佐野市、青柳大師/群馬県前橋市、川越大師/埼玉県川越市

【関東三大不動】成田不動尊/千葉県成田市、高幡不動尊/東京都日野市、不動ヶ岡不動尊/埼玉県加須市

【関東厄除け三不動】目黒不動尊/東京都目黒区、千葉厄除け不動尊/千葉県東金市、飛不動尊/東京都台東区

【厄除厄災の神様を祀る】神田明神/東京都千代田区

【「魔が去る」として厄除で有名】日枝神社/東京都千代田区

【初詣参拝者数日本一】明治神宮/東京都渋谷区

 

近畿地方

【災厄を祓った陰陽師 厄除などで有名】晴明神社/京都府京都市上京区

【平安京の都の守護を司る守り神として創建】北野天満宮/京都府京都市上京区

【平安遷都1100年様々な祈願ができる】平安神宮/京都府京都市左京区

【「古都京都の文化財」の一つ】賀茂別雷神社/京都府京都市北区

【災厄の除去を祈ったことが始まり】八坂神社/京都府京都市東山区

【裏鬼門の守護、国家鎮護の社として古来より有名】石清水八幡宮/京都府八幡市

【魔除や災難除を祈る社として古来より有名】日吉大社/滋賀県大津市

【弘法大師が人々の厄難や疫病を祓った】立木観音/滋賀県大津市

【八百万の神様の親神様を祀る】多賀大社/滋賀県犬上郡

【祓(はらえ)を司る神様として有名】住吉大社/大阪府大阪市住吉区

【あらゆる災厄を打ち払う】門戸厄神 東光寺/兵庫県西宮市

 

中国地方

【戦没された神霊を祀り、様々な祈願ができる】広島護国神社/広島県広島市中区

【ご神徳は広大無辺】遠石八幡宮/山口県周南市

【良縁を結び八百万の神様が集まる】出雲大社/島根県出雲市

 

九州地方

【「学問・至誠・厄除の神様」として有名】太宰府天満宮/福岡県太宰府市

【「何事にも打ち勝つ開運の神様」として有名】宮地獄神社/福岡県福津市

【天の平瓮投げの神事で開運厄除】青島神社/宮崎県宮崎市青島

【天資聡明の島津斉彬公を祀り、様々な祈願ができる】照國神社/鹿児島県鹿児島市

 

等があります。また、他にも様々な有名な神社仏閣があります。

厄年については、数え年で考えるのか、満年齢で考えるのか、また厄年とする年齢についてそれぞれ神社仏閣ごとに考え方が異なりますので、厄除けに行かれる場合はあらかじめ確認してからにした方が良いでしょう。

最後に、悪いことが起こらないようにと神様にお願いするだけお願いしておいて知らんぷりというのはいかがなものかと思います。

頼みごとをするだけで、感謝がない人がいたらあなたはどう思いますか?

厄除けに行かれた方は必ず厄から守っていただいたお礼に厄が明けたらお礼参りをするようにしましょうね。

 

こちらの記事もおすすめです

厄年の転職が失敗する?この時期がダメだといわれる理由!

Sponsored Link